赤鬼と青鬼のタンゴ 歌詞の意味/カールおじさんと関係が!?

こもりうた動画はこちら

youtubeチャンネル【リアルこもりうた】 イラスト·アニメーション:ささきまゆ

赤鬼と青鬼のタンゴ」は、Eテレみんなのうたで1977年12月から放送されている歌です。

作詞は加藤直さん、作曲は福田和禾子さんです。

昭和52年の曲、かなり古いですね!

1984年(昭和59年)にも放送されていたようなので、

この時見ていた方も多いのではないでしょうか?(私もその1人です!)

エキゾチックなタンゴ調の音楽に乗せて

夜にオニたちが踊る、

秘密の集会をのぞいているような気分になる曲です♪

Sponsored Link

「赤鬼と青鬼のタンゴ」の歌詞と意味は?

→Amazon musicで聞く

→楽譜をさがす



ピーヒャララ」「つのつの一本

ロンロンロンロン」など、

つい言いたくなるような擬音もたくさんで

楽しい歌詞ですよね!

歌詞の言葉を詳しく見ていきたいと思います!

秋風の忘れもの

秋の歌かと思っていましたが、

「忘れもの」ということは冬の歌なのかもしれません。

実際みんなのうたの放送期間は2回とも12〜1月でした。

aerial view of foggy forest

風にのって / 山彦どんどこ とどいた

届いたのは一体なんなのでしょう?

前に「ピーヒャララ」「ドンドコショ」とあるので、

タンゴの音楽が届いてきたということでしょうか。

あまりタンゴっぽくない音色ですが…笑

月の瞳 

秋〜冬の美しい月を

きれいな瞳に見たてているようです。


お月さまも2人のダンスを見ているよ、

ということかもしれません!

full moon

だんだらつの 

だんだら」とは、段がいくつも重なっていること。

木の年輪のように筋が入ったツノ、

ということですね!

selective focus photography of brown animal


月夜の晩にどこからか

山奥までタンゴの音色が聞こえてきて、

思わずオニさんたちが踊り出しちゃった!


というワクワクするような情景が

みえてくるようですね♪

(「赤鬼と青鬼のタンゴ」作詞・加藤直より引用)

カールおじさんと関係がある…!?

「赤鬼と青鬼のタンゴ」の初期のアニメーションはひこねのりおさんが担当されてました。

ずんぐりした赤鬼とスマートな青鬼が

タンゴを踊るポーズが印象的です!

わたしは間で出てくるウサギがかわいすぎて大好きでした。

このイラスト、どこかで見たことがありませんか…?

そう、明治のお菓子「カール」のCM、

カールおじさんです!

こちらもひこねさんがデザインしたキャラクターなんです。

ほぼ同時期に作られたようですし、

似ているのも納得ですね!



ちなみに現在の「赤鬼と青鬼のタンゴ」のアニメーションは、

西内としおさんのイラストで

「おかあさんといっしょ」で放送されてますよ!



↓こんな紙芝居も出ています✨

おわりに

「赤鬼と青鬼のタンゴ」いかがでしたか?

Youtubeで「節分の子守唄」のメドレーにも入っているので

ぜひ聞いてみてください♪

「おかあさんといっしょ」の曲特集もあります!

Sponsored Link

-Eテレのうた
-, , ,