「いるよ」は子どもの想像力をふくらませる歌!おかあさんといっしょ

こもりうた動画はこちら

youtubeチャンネル【リアルこもりうた】 イラスト·アニメーション:ささきまゆ

「いるよ」はEテレ「おかあさんといっしょ」

2018年5月の月の歌です。



作詞は詩人の谷川俊太郎さん、

作曲はYMOの細野晴臣さんです。



大物タッグで作られたこの歌は、

子どもの好奇心を広げるようなことを

優しく静かに教えてくれます。



子守唄にもぴったりのテンポで、

スケールの大きい夢が見られそうです…✨



お2人の他の子ども向け曲も紹介します!

Sponsored Link

「いるよ」の歌詞と考察

→楽譜をさがす


1番は、昼間、明るすぎて見えないけど

お星さまは光っているよ、ということを

伝えています。



2番は、夜、自分のうえにおひさまはいないけど

どこか遠くの国の上にはいるよ、と

歌っています。



3番は友達はいつでもあなたの隣にいるよ

と言っています。

woman in white shirt under blue sky during daytime



1・2番は空を見上げるだけで

広い地球や宇宙を想像できるように、

子どもの知的好奇心を刺激していますね。



この歌から「これってどういうこと?」と

子どもと宇宙を学ぶきっかけにもなりそう。



変わって3番は「となりにいる友達」と

近い距離の話になります。



急に近くの家にいる友達、

「そんなの知ってる」と思うかもしれませんが

"こっちをむいて わらっている"その子は

未来で出会う友達なんじゃないかと思います。



3番は時系列、これから先のことを

イメージする力がつきそうです。

two children standing near cliff watching on ocean at daytime


そこにいるだけで広い世界を想像できるよ、と

子どもたちにやさしく語りかける歌なんですね。

(「いるよ」作詞・谷川俊太郎より引用)

谷川俊太郎さん作詞の子どもの歌

絵本などでも子ども向けの詩を

たくさん書いている谷川俊太郎さんの

子ども向けの歌を他にも紹介します✨

月火水木金土日のうた

→歌詞をみる


各曜日を語感と漢字の意味から

たのしく表現していて、

歌いながら曜日を覚えられそう♪

鉄腕アトム

→歌詞をみる


アニメ「鉄腕アトム」の主題歌、

谷川俊太郎さんの作詞だったんですね!

アトムを応援したくなる、素敵な歌詞です。

細野晴臣さん作曲の子どもの歌

坂本龍一さんと結成したYMOで

一世風靡した細野晴臣さん、

こんなキッズソングを作曲しておられます!

キテレツ大百科

→歌詞をみる


キテレツ大百科のオープニングテーマですが、

聞いたことがない…!?

それもそのはず、アニメシリーズが始まる前の

特番で放送された回のOPなんです。

一回の放送のためだけなんて、贅沢ですね!

風の谷のナウシカ

→歌詞をみる


ジブリの「風の谷のナウシカ」の

イメージソングです。こちらも残念ながら

本編では使われていません。



ちなみにEテレ「2355」では

オープニングテーマの歌をうたっています!

created by Rinker
コロムビアミュージックエンタテインメント
¥1,975 (2022/07/07 07:59:00時点 Amazon調べ-詳細)

おわりに

「いるよ」いかがでしたか?

他の「おかあさんといっしょ」の歌特集

ぜひ見てみてください♪

Sponsored Link

-Eテレのうた
-