ゆき 「こんこん」の是非、じつは雪がふっていない!?

こもりうた動画はこちら

youtubeチャンネル【リアルこもりうた】 イラスト·アニメーション:ささきまゆ

ゆき」は、1911年(明治44年)に文部省唱歌として発表されました。
作詞、作曲者は不明です。

冬といえば1番に出てきそうな童謡ですよね♪

きれいな雪景色が思い浮かぶようで
ほっこりする歌です。

Sponsored Link

「ゆき」の歌詞と意味

ゆき  文部省唱歌

雪やこんこ あられやこんこ
降っては降っては ずんずん積もる
山も野原も わたぼうしかぶり
枯木残らず 花が咲く

雪やこんこ あられやこんこ
降っても降っても まだ降りやまぬ
犬は喜び 庭かけまわり
猫はこたつで丸くなる

「ゆき」より引用

→Amazon musicで聞く

→楽譜をさがす

●綿帽子

山や木に雪が積もっている様子。
また、和式の結婚式で花嫁がかぶる被り物のこと。

ちなみに大きなかけらの雪のことを「綿帽子雪」と言うそうです。

snow-covered pine tree in mountain under cloudy sky

●枯れ木残らず 花が咲く

枯れて葉も花もない木の枝に雪が降り積もり、
白い花が咲いているように見えるという例え。

photo of snow covered trees under blue sky

よく見ると結構ロマンチックな歌詞ですね❤️


「ゆきやこんこ」が正解というけれど…

最近テレビ番組などでもよく見ませんか?
「ゆきやこんこん」は間違いで、
「ゆきやこんこ」が正しい歌詞!って…

たしかに歌詞の原文には「こんこ」と
書いてあります。

でも「こんこ」の由来には2説あって、

雪や来ん来ん

(雪よ降れ降れという意味)
という説が有力みたいです!

この説の場合、「雪やこんこん」と歌っても意味的には間違いではないんです!


ちなみに「ゆき」の元になった歌は
滝蓮太郎作曲・東くめ作詞の「雪やこんこん」だろうと言われています。

(歌詞はこちら)

子ども用に編纂していくうちに
「こんこ」と変わっていったのかもしれませんね。

「ゆき」の歌のなかでは雪はふっていない!?

「こんこ」の意味をみてわかるように、
どちらの説にしても、
雪よ降れ降れと願っている歌詞だったんですね。

ということは、
この歌のなかでは雪はふっていない、
ふったときのことを想像している歌詞
だとわかります。

girl in white red and blue shirt sitting on white wooden table

わたしは「こんこん」と雪がつもっていく風景を想像してました…


犬はほんとうに雪が好き?

「ゆき」で印象的な歌詞、
犬はよろこび庭かけまわり 猫はこたつで丸くなる
犬と猫の性格の対比がよくあらわれてますよね。

(「ゆき」より引用)

ですが、本当に犬は雪が好きなのか!?
疑問に思ったので調べてみました。

ちなみに私は猫を飼ってましたが、冬はほとんどストーブの前かこたつの中にいました(笑)



●犬はいつもと違うことを楽しむ性質がある
●先祖がオオカミなので寒さに強い個体が多い
●気温が下がると身体を動かして体温をあげる習性がある

などの理由で、雪がふるとはしゃいで遊ぶ子が多いみたいです!

ただし犬種や個体によって違いがあり、

●温暖な地域で改良されたり小さい犬種は寒さに弱い
●変化に臆病な性質の犬もいる

ので、雪を嫌がったり寒がったりする子もいるようです。

brown dog running on snowfield

ワンちゃんが雪を楽しんでいる姿、
想像しただけでカワイイですね〜❤️

おわりに

「ゆき」いかがでしたか?
ぜひ聞いてみてくださいね。

Sponsored Link

-どうよう
-,